Home / 健康 / 低気圧の日には頭痛が起きやすい?その原因とすぐにできる対処法

低気圧の日には頭痛が起きやすい?その原因とすぐにできる対処法

低気圧の日は、特に偏頭痛持ちの女性の多くが頭痛に悩まされています。

低気圧によって頭蓋骨内の圧力や血圧が影響を受けることで、体に異常が生じ、頭痛の原因が生み出されてしまうからです。

特に、低気圧頭痛は偏頭痛と痛みが生じるメカニズムが似ていることから、偏頭痛持ちの女性に起こりやすいと考えられています。

そこで、この記事では低気圧頭痛の原因と対処方法をご紹介します。

低気圧の日に頭痛に悩まされるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

低気圧の時に頭痛がおきやすい原因

低気圧の日には、頭蓋骨内の圧力や血圧に変化が起きることで、頭痛が引き起こされやすくなります。

低気圧はあなたの体にも影響が生じ、頭蓋骨内の圧力を変化させます。この際、脳内の収縮された血管に血液を流そうとすることで周囲にある三叉神経を刺激し、頭痛が生じると考えられています。

また、低気圧の日には血圧が下がる傾向にあります。血圧が下がるということは、体に流れる血液の循環量が低下するということです。

その上で、肩こりや首のハリなど、脳に血液がいきづらい状態であると、脳内へ循環する血液が不足し、血管がストレスを受けることで拡張します。

血管が拡張することで、周囲にある神経を刺激してしまうため、頭痛が引き起こされてしまいます。

これらの理由から、低気圧の日には頭痛が引き起こされやすいのです。また、低気圧頭痛は偏頭痛が生じるメカニズムと似ていることから、偏頭痛持ちの方は特に頭痛が引き起こされやすいと考えられています。

低気圧頭痛の対処方法

低気圧頭痛を対策するにあたっては、脳の血管の働きを安定させることが大切です。

低気圧頭痛は、血管の収縮・拡張の変動によって引き起こされています。そのため、低気圧による血管への影響を少なくすることが、低気圧頭痛への対策・改善方法となります。

血管の働きを安定させ、低気圧頭痛を予防・改善する方法には次のものがあります。

  • 患部を冷やす:低気圧頭痛が生じている部分は、血管が拡張して周囲にある神経を刺激しています。そのため、患部やその周囲を冷やすことで、血管の拡張を抑え、痛みを和らげることが期待できます。
  • 静かで暗い部屋でじっとする:光や音などの刺激は脳の活動に影響を与え、血管の拡張に繋がります。そのため、痛みがひくまでは光と音の刺激を遮断することが大切です。
  • コーヒーを飲む:コーヒーには、血管収縮作用があり、低気圧の影響によって拡張した血管を抑える効果を期待できます。
  • 生活習慣を整える:ストレスは血管の拡張に繋がります。そのため、睡眠を十分にとり、運動などでストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

これらの方法を実践していくことで、低気圧頭痛に対処していくことができます。

低気圧の日に頭痛が起きやすいという方は、これらの対処方法が実践できるように、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

低気圧頭痛の原因と対策方法をご紹介しました。

ご紹介した対策を行っても症状が改善しない場合は、一度医師に診てもらうことをおすすめします。

低気圧頭痛に悩まされている方は、是非本記事を参考にして頂き、低気圧の日でも頭痛に悩まされずに元気に過ごせるようにしましょう!

スポンサーリンク

Check Also

風邪の時のお酒はNG!アルコールが体に及ぼす3つの影響

アルコールは使い方を間違えなけ …