Home / グッズ / 家でお得にインターネットを使おう!お得なプロバイダの選び方

家でお得にインターネットを使おう!お得なプロバイダの選び方

最近は、インターネットなしでは色々な情報が得られなくなり、生活の必需品となっています。そんな中でお得にインターネットを使うためのプロバイダ選びをご紹介します。

新しい展開としてNTTの「フレッツ光」回線などをレンタルで、企業に卸売りする新しいサービスが誕生しています。プロバイダ主体の「光コラボ」などという割安商品です。新商品の誕生で、これまでの商品との違いや複雑とも言える種類の多さに、選び方も難しい時代です。

何を重要視するかを一度考えた上で自分にお得な商品を選んで契約してもらうことが大事です。ここでは、あらためて、複雑化している商品とサービスを女性目線でわかりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

まず、従来モデルの説明から

スーツ 営業 営業マン ビジネスマン ビジネス 若い 人物 日本人 20代 仕事 案内 笑顔 指差し 白バック 白背景 女 女性 OL 屋内 ポーズ 手 上半身 明るい かわいい 指をさす 表情 30代 笑う シャツ ビジネスウーマン キャリアウーマン コピースペース 綺麗 白 1人 グレー IT 指 茶髪 人差し指 顔 さわやか 美しい 東洋人 アジア人 ハンドサイン モデル キャリア ひとり 紹介 美人 こちら 指さし 就職 転職 セールス 起業 起業家 女性起業家 ftd0014

今までのプロバイダと回線の関係

これまでのプロバイダと回線の関係を考える場合に、大きく分けて2つの形態があります。

「回線プロバイダ 一体型」
プロバイダ自身がインターネット回線を保有しているものです。代表的なプロバイダはYahoo!BB、USEN、ケーブルTVです。地域密着型のプロバイダが多く、地域によってどこのプロバイダが強く、広く普及しているなどという差がありました。

つまり、この形態の場合は、プロバイダと回線事業が一体化している形です。デメリットとしては、地域性がありますので、引っ越し先ではそのプロバイダが使えないということが起こることです。

「ホールセール型」
回線を持っていないプロバイダが、回線だけを回線業者からレンタルしてプロバイダをセットで提供する形態です。代表的なプロバイダはOCN、ぷらら、BIGLOBE、@nifty、So-netなどたくさんあるのがこちらです。

引っ越しても回線の変更だけでプロバイダはそのまま契約して使えたものです。

次は、最近の光コラボのご紹介

男性 スーツ ビジネスマン ビジネス 人物 打ち合わせ オフィス ミーティング プラン プレゼン プレゼンテーション 考える 電気 セミナー 思考 指 明かり 光 人差し指 発見 ライト 輝き 電球 イメージ 電力 イルミネーション アイデア 灯 技術 電飾 豆電球 エネルギー 光り 答え ライティング 閃き ひらめき あかり 考え 気づく ヒント 思いつく 閃く 提案 発明 創造 ひらめく 発想 連想 アイディア 企画 起業 インスピレーション 名案 生み出す プランニング プランナー クリエイティブ 自己啓発 アンサー 創造力 創る 産み出す IDEA イマジネーション 作り出す クリエイト plan ビジネスプラン ビジネスアイデア ビイネスアイディア

新しいプロバイダと回線の関係

NTTが今まで光回線を販売してきましたが、今後は卸業者として光回線を卸すだけで販売しなくなるというのが新しい状況となっています。

2016年2月、3月でそれぞれのプロバイダごとにスタートしているのがこの「光コラボレーション」と言う新しいサービス提供形態です。販売するプロバイダがサービスの主体に変わってきたもので、全てが一本化されたものです。

つまり、NTT東日本とNTT西日本のフレッツ光回線を、プロバイダ各社に卸し、それを多くのプロバイダ会社ごとに販売するというものです。大きく変わっていくのは特に各社が提供するスマートフォンやSIMとのセット割引が今後行われていくという展開です。

最近よく言われている「回線はそのままで料金が安くなる新サービスのご案内です」や「インターネット接続とセットしてスマートフォンの利用代金をもっと安くしませんか」というセット割引というものです。

今や私達に必需品となった「スマホ」と「インターネット」、この両方をセットにして契約することでスマホの利用料金を安くするという多くの人も知っているサービスです。「スマホ」と「インターネット」を同じ会社にすることを目的にした囲い込みの手法です。

ネット契約と一緒でSIMフリー携帯がさらに格安に

そして、格安SIMを提供するMVNO各社もこれに参入するのが新しい動きです。格安SIM各社が自ら固定回線を提供することで光コラボレーションとしてセット割が受けられます。

さらに安い格安スマホとなり、安いインターネットも利用できるという、両方が実現できることになります。SIMフリーの携帯をお持ちの方やこれから新しい携帯の買い替えを考えている方は、光コラボへの乗換えと一緒にSIMフリーの携帯へ乗り換えてみる方法もあります。

あなたにおすすめするプロバイダは

スマホの利用料金を安くしたい派には

インターネット料金とスマートフォンをセットにすることで安くしたいと考えている方には、下記の光コラボサービスがおすすめです。

こんな方におすすめです。
1.スマホの月々の料金が高くて困っている方
2.家族がみんな同じ携帯会社のスマホを持っている方
3.もっと安いスマホに替えたい方

おすすめ光コラボサービスは
・ドコモ光パック
・SoftBank光(ソフトバンクBBが提供)
・au光
・ビッグローブ光(BIGLOBEスマホ「うれスマ」の料金が月額2,780円(税別)になります)
・U-NEXT光(格安スマホ(U-mobile)が月額2,980円)

格安スマホが月額3,000円以内で使える点が嬉しいセットサービスです。この他にも様々なサービスプランがプロバイダごとに発表されています。インターネットもスマホももっと安くしたいと考えている人にはおすすめです。

インターネットの回線契約の割引キャンペーンの特典を受けたい方には

夏 セール バーゲン 安売り バーゲンセール sale 割引 割り引き 値引き ショッピング 買物 文字 アルファベット 英語 メッセージ チラシ 夏イメージ 夏のイメージ 夏のセール 夏のバーゲン 海 貝 砂浜 自然素材 ベージュ 茶色 同系色 ナチュラル カジュアル タグ 値札 札 特売 消費喚起 販売促進 販促 バザー バザール アウトレット pop 広告

月々の料金比較も大事ですが、それと比べると契約による割引キャンペーンの料金が大きいのが事実です。よってこちらを重視して比較検討して下さい。

割引キャンペーンの比較は
1.一定期間の利用契約やオプションプランに加入することで高額な割引プランが供されているものも多くあります。適用条件を良く見て検討することが大事です。

2.プロバイダによって通信速度が異なるという口コミ情報もありますので、それらも確認しながら、サポートなどの口コミも参考に選んでみませんか。

3.サポートサービスがしっかりした所を選ぶことも実は大事です。こちらも口コミで確認します。

複雑な割引キャンペーンシステムへの注意は
1.割引キャンペーンは、一定期間の利用の後に割引を受けられるものが多く、その時期に自分で申請して割引を受けとることを忘れないようにして下さい。

2.詳細な条件を確認して実際に自分の場合にはどの位の割引になるのかを事前にきちんと計算することをおすすめします。

今後も割引キャンペーンなどの特典を受けたい方には

例えば、契約にあたって2年などの契約の縛りがあるならば、その2年後をきちんと覚えておいて、別のプロバイダに乗り換えるという方法もお得です。プロバイダを乗り換えることで、今後も新しい割引キャンペーンが受けられるようになりますので、マメに乗り換えていくのも手です。

また、1年後、2年時点、5年時点と料金が変わり、割引サービスがなくなって料金が高くなっていくプランも多くありますので、それらを検討して上手く乗り換えることも大事です。

最後にプロバイダ選びのポイントのまとめ

ビジネス 仕事 女性 手 アップ 勉強 ピンポン ジェスチャー 問題 正解 セミナー 思考 指 光 人差し指 発見 ライト 電球 ポイント アイデア 助ける クエスチョン 閃き ひらめき ヒント 思いつく 解決 思いつき 疑問点 天才

プロバイダ選びのポイントは
・契約時の割引キャンペーンの額(その条件と受け取り方法)
・月々の利用料(何年後のことまでの計算しておく)
・ネットの回線速度(口コミを重視)
・プロバイダごとの独自のメールアドレスの取得やセキュリティ
・困ったときのサポートサービス(口コミを重視)

以上のポイントをもとに、何を特に重視するのかは個人によって違うと思います。どのような物をどの位の頻度で使うのか、スマホを何台持っているのかやインターネット回線へのどの位の知識が自分にあるのかでも違うと思います。

上記の内容をもとに優先順位をつけて、プラバイダ選びをしてみませんか。

今後のプロバイダとネット回線について

2016年春から展開しているこのプロバイダ主体による光コラボのサービスは、まだ今後どのようになっていくのか、先が見えない所ではあります。

ただ、私達の生活の中でスマホとインターネットなどが必需品となってきています。そんな時代にそのすべてを網羅するようなシステムと割安できめ細かなサービスが求められていると言えます。

そして、この「光コラボレーション」という新サービスによって、これまで、意外とどこでも良かったプロバイダ選びが大事になってきています。

プロバイダ主体のサービスとなりますので選び方も慎重になってくることと思います。コラボではなく、旧態然とした今までのNTTサービスのままがいいという人もきっといます。

色々な視線で信頼のおけるプロバイダ選びをされることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

扇風機の電気代は安いの?今話題のDCモーターについて解説!

扇風機は一度購入したら終わりと …