Home / 家事 / お掃除 / カビにはアルコール!?その驚くべきの効果とは

カビにはアルコール!?その驚くべきの効果とは

スクリーンショット 2015-11-24 13.34.58
梅雨の時期だけではなく、冬も結露などでカビが増殖します。意外とカビ対策は年中しなければならないやっかいな存在です。

カビは畳やフローリング、衣類や食べ物などどこにでも発生します。そんなカビに一番効果があると言われている薬品がアルコールスプレーです。しかしアルコールスプレーと言っても種類があり、その種類によってはあまり効果を得られないということが分かりました。今回はそんな面倒な存在、カビに対して効果が高いアルコールスプレーをご紹介します。使い方をしっかり学んで、賢く使っていきましょう。

スポンサードリンク

カビに効かないアルコールとは

カビにはアルコールが効くからと言って、確認しないまま家にあるアルコールスプレーをかけていませんか?でもちょっと待って下さい。それって本当に効きますか?アルコールスプレーにはカビに効く物と効かない物とがあります。

スーパーなどでも見かけるアルコール除菌スプレーをお使いの方も多いと思います。カビが生えた時にそれらを使っていませんか?実はアルコール除菌スプレーは、カビの根絶には効果がありません。きれいな机などに吹き付ければ短時間は清潔に保たれます。しかし長時間ではあまり効果がありませんし、カビの根絶や予防にもなりません。

またもう一つ有名な物が無水アルコールです。無水なら薄めてもいないし、強力でしょ!と思われるかもしれません。しかし実際はあまり効果がありません。アルコール除菌スプレーよりも効果はありますが、悲しいことにその時だけなのです。吹き付けた時には見た目もきれいになります。しかし時間が経てばまたカビが増殖を始めます。では一体どれが効果があるのでしょうか?

無水エタノールがカビに効果が大!

image-17

無水エタノールとは消毒用のアルコールのことです。99%の無水エタノールから80%の消毒用の2種類があります。購入はドラッグストアなどで簡単に手に入りますし、高価なものではありません。簡単に言い換えると99%エタノールが無水エタノールと呼ばれるもので、80%エタノールが水で薄めた消毒用のエタノールです。

無水エタノールは水で薄めてない分、カビへの効果が高いと思ってしまいます。しかし実際は水で薄めた80%エタノールのほうが効果があります。エタノールはカビのたんぱく質を分解してくれます。ですのでカビの根を分解し根絶してくれます。ただし漂白の効果はないので、漂白したい時には塩素系の漂白剤を使用しましょう。80%エタノールはカビの根を分解してくれるだけでなく、今後のカビ予防にも効果的です。

エタノールの使い方

image-18

ドラッグストアで無水エタノールも消毒用エタノールも簡単に購入できます。無水エタノールを購入して、80%に薄めて使うことも出来ます。しかしもともと80%になっている消毒用エタノールの方が薄める手間がない分、簡単に使用できます。エタノールの殺菌作用が一番効率よく得られるのは、濃度が80~75%のものとされています。

まずカビを見つけたら固く絞ったきれいな雑巾で拭き取りましょう。乾いた雑巾で拭くと、胞子が空気中に飛び散って、気付かないうちに部屋中の散ってしまうので注意が必要です。あまりきれいではない雑巾を使うと、カビの胞子と混ざって他の雑菌も増殖してしまいます。前回よりもさらに悪化することがあるので、きれいな雑巾を使うと良いですね。

エタノールを最適な濃度にしてから100円ショップなどで売っているスプレーボトルに移し替えます。そうすることで広範囲に吹き付けることが出来ますし、そのまま保存が可能です。そして固く絞った雑巾で拭き取ったあと、カビの気になる場所や予防したいところへ吹き付けます。電化製品の場合は故障の原因になるので、きれいな乾いた雑巾へ吹き付けて拭き取ります。

注意点

エタノールは引火しやすい薬品ですので、台所などの火の気がある場所では使わないようにしましょう。

また電化製品に使う時には雑巾へ吹き付けてから軽く拭き取ると効果的です。使用の際には部屋の換気を行いましょう。これはカビの胞子を外へ逃がすのにも効果的です。そして漂白剤を使用する時には、必ずエタノールが乾いてから使いましょう。薬品同士が混ざると危険ですし、他の洗剤にも言えますが薬品同士が混ざらないように注意が必要です。最後に残ったエタノールはスプレーボトルのまま冷暗所で保管しましょう。そのまま次回もすぐ使うことが出来ます。

まとめ

同じアルコールでもカビへの効果が大きく違うことが分かりました。除菌には向いているけれど効果の薄い物や、カビには効かないものなど様々です。どちらもドラッグストアで購入出来ますし、次回も簡単に使うことが出来ます。

カビは年中生える可能性があるので、どんな場面でも使えるエタノールは優秀ですね。一番手に取りやすいアルコール除菌スプレーも、カビにはあまり効果がありませんが食卓テーブルの除菌には効果があります。その場面によってアルコールやエタノールを使い分けをしていきましょう。ぜひエタノールを利用して、カビの除去と対策に役立てて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

カビ取り剤の効果と正しい使い方

お掃除の悩みの種、それは落とし …