Home / 恋愛 / 恋愛感情と友情の違いは何?友情と明確に異なる恋愛感情の心理

恋愛感情と友情の違いは何?友情と明確に異なる恋愛感情の心理

あなたが異性から告白されたとき。「いい人なんだけど恋愛対象とは違うかも」そんなふうに感じたことはありませんか?

また、あなたが異性に告白したとき。「ごめん、友達としか見れない」と言われたことはありますか?

相手のことが「とても好き」なのに、恋愛感情と友情とは違います。それでは恋愛感情と友情の違いとは何なのでしょうか。

スポンサードリンク

男女の友情は成立する?

「男女の間で友情は成立するのか」誰もが一度は議論したことのあるテーマではないでしょうか。「成立する派」と「成立しない派」に分かれる場合が多いようです。

男女の友情についての有無を気にするのは、実は男性の方が圧倒的に多いのです。その理由はなぜでしょうか。

恋愛と友情は似ている

「相手への尊敬」「一緒にいて楽しい」「相手を信頼する気持ち」など、恋愛感情と友情とでは似ている感情が多くあります。

男女ともにはっきりしているのは、「自分にとっての魅力が1つもない異性とは友達にすらなれない」のです。

相手に魅力があるから「仲良くなりたい」「一緒に過ごしたい」と思うのです。これは同性の友達も同じですね。

恋愛だけに存在する感情

とてもよく似ている友情と恋愛感情ですが、実は明確な違いがあります。友情には存在しない感情です。

「相手を独占したい」「相手と密着したい」「相手のことばかり考えてしまう」「相手が他の異性と2人でいると苦しい」

友情にはない感情ですね。もし「ただの友達」だと思っている異性に、こんな感情を抱いてしまうのなら、あなたは相手のことを好きになっているのかもしれません。

友情をあいまいにする男性の本能と理性

「相手と密着したい」この気持ちが、男性と女性とでは大きく異なる要素です。女性は本能的に好きでもない異性とは密着したくありません。もしろ絶対に避けたいですよね。

男性は本能的に、恋愛感情を持っていない女性でも、魅力的な女性ならば密着したいと思ってしまう性質を持っています。

頭の中では「この女性は友達だ」と理解していても、密室で2人きりになった場合などに「密着したい」本能が出てしまい、それを理性で抑え込むことになってしまうのです。

その結果、男女の友情とは一般的に女性側にとっては成立しやすく、男性側からは成立しにくいものとなります。

女友達から気になる女性になる人の特徴

自分は友達だと思っているのに、なぜかいつも相手からは女として口説かれてしまう。

まるで自慢をしているようで、誰かに相談するのも遠慮してしまう悩みです。

友達のはずなのに恋愛感情を持たれる女性には共通点がありました。

強と弱のギャップ

男友達の多い人に共通するのは、まず明るくさっぱりとした性格とノリの良さです。みんなの前では陽気に笑い、話を盛り上げてくれる明るい女性。そんな女性が男友達と2人きりにの時に、しんみりと悩みを打ち明ける姿。

いつも笑顔な女友達の悩みを相談された時、落ち込んでいる姿を見た時。「自分は特別な存在なんだ」という気持ちになる男性が多いのです。

明るい笑顔の裏に隠された弱さ。そのギャップに思わず恋に落ちてしまう男性がたくさん存在していますよ。

「元気ないけど大丈夫?」女らしい気遣い

友達の元気がない様子を見て「どうしたの?何かあったの?」心配して質問する行為。女性同士の友情では当たり前のことですが、実は男性同士の友情ではあまり一般的ではありません。

「何かあったのかな?」と感じても口に出さないのが男同士の友情。男性同士の友情はお互いに悩みを相談し合う関係ではありません。

女同士の友情では当たり前の「大丈夫?」という声かけですが、男性側から見ると非常に女性らしい気遣いに見えて「ちゃんと自分を見てくれている」とドキドキしてしまうようです。

友達以上になれない人の特徴

「いつもメールのやり取りをしていて、2人で何度も遊びに行っているのに、告白したら振られてしまった」

こんな経験はありますか?まるで付き合っているかのような関係なのに、「恋愛感情はない」なんて、振られてしまった方は納得がいきませんね。

「友達としては一緒にいて楽しいけど、女性として恋愛感情は持てない」こんな判断をされる女性にも共通点がありました。

下品なトークが多い

男性が多く集まる飲み会などでは、少々セクシーな話題が出ます。そんな話題の中で率先してトークに加わっていると、「面白くてノリがいい」とは思われますが本命にしたいとは思われません。

無理にセクシーな話題を毛嫌いする必要もありませんが、黙ってにこにこしている方が無難なようです。

姐御肌すぎる

姐御肌の女性は飲み会を仕切ってくれたりと、頼りになる存在です。その反面、口調がきつかったり、負けず嫌いが強すぎると男性から見て可愛げのない存在になってしまいます。

また、「しっかりしなさい男でしょ!」など男性を上から目線で見ているような言動が目立つと、まるで男同士の友情のような雰囲気になってしまい、恋愛へと発展することは難しいようです。

恋愛感情と友情を明確に分ける方法

恋愛も友情もどちらも相手のことを「大好き」です。仲良くしている男友達に対して「この気持ちはもしかして恋なのでは」と感じることはありますか?

仲良くしている男友達が自分のことを本心ではどう思っているのか、気になったことはありますか?

恋愛感情と友情を明確に分ける方法があります。

キスしている様子を想像する

あなたがもし、自分への気持ちに迷いがあるのなら、男友達とあなたがキスしているシーンを想像してみましょう。

「ないない、絶対ありえない」と感じるならばあなたは彼を純粋に友達だと思っています。

もしも「ドキドキするけどイヤではない」と思うのなら、あなたは彼のことをただの友達だとは思っていない可能性が高いです。

相手に恋人ができたなら

男友達があなたのことを本心ではどう思っているのか気になっている場合、彼に「好きな人ができたかも」と打ち明けてみましょう。

男性は女性よりも圧倒的に嫉妬心が強いです。一般的には女性の方が嫉妬しやすいと思われていますが、ニュースをよく見てください。

男女の恋愛がこじれて悲惨な事件になってしまったケースのほとんどが、男性の嫉妬によるものです。ストーカー事件も男性の方が多いですね。

「好きな人ができたかも」と告げられて、「そうなんだ、上手くいくといいね!ところでさ…」とあっさり話を変えられた場合、彼はあなたのことを純粋に友達だと思っている可能性が高いです。

「どんな人?もう告白したの?」など根掘り葉掘り質問して、「その後どうなった?」などいつまでも知りたがるようなら、彼はあなたのことを女性として意識しています。

恋は落ちるもの

人間は右手を動かそうと思えば動かせます。左足を動かそう思えば動かせます。ですが、唯一心だけは自分の思うようにはいきません。

今まで友達だと思っていた相手に、ふとしたきっかけで、恋に落ちてしまうことはよくあることなのです。

友達のどこが好きか、はっきり説明できますよね。ですが、恋愛感情で好きになってしまった場合、「相手のどこが好きなの?」と質問されても「よくわからないけど大好き」な状態になっています。

友情に近い恋愛は長続きする

友情とは人間的な能力や魅力によって成り立つことが多いので、恋愛感情も長く続いていけば友情の要素が強くなると言われています。

もし気になっている異性の友達がいるのなら、幸せな恋人関係を作るチャンスかもしれません。

「気のせいかな」なんて思わずに、たまにはじっくり考えてみるのもいいかもしれませんよ!

スポンサーリンク