Home / 未分類 / 脱水症状対策!風邪をひいた時にポカリを飲むべき3つの理由

脱水症状対策!風邪をひいた時にポカリを飲むべき3つの理由

風邪をひいたときに飲むといいと言われる飲み物に、ポカリが挙げられます。しかし、きちんとした理由までは理解せずに何となく飲んでいる人も少なくないでしょう。

では、なぜ風邪の時にポカリを飲むといいのでしょうか。ポカリの成分や効果などを知って、風邪の時にポカリを飲む意味を理解しておきたいものです。

そこでこの記事では、風邪をひいた時にポカリを飲むといい理由をご紹介します。

風邪をひいてしまった際は、ポカリを飲んですぐに治しましょう!

スポンサードリンク

1. スクラロースが入っていない安全な飲み物である

ポカリの成分を見てみると、砂糖、加糖ブドウ糖乳糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸カルシウム、アミノ酸調味料、塩化マグネシウム、酸化防止剤含まれているのが分かります。

ここで注目したいのが、ポカリの中にはよく市販の飲料に含まれているスクラロースが入っていないという点です。

このスクラロースは免疫などのシステムに悪影響を及ぼす可能性があると言われています。そのため、風邪を治したいのに免疫システムに異常が起こって治りが悪くなることがありますが、ポカリにはその心配がないため、風邪のときに飲んでも安全だと言えます。

2. ポカリは点滴とほぼ同じ成分でできている

ポカリは大塚製薬が「飲む点滴」というコンセプトをもとに開発されたスポーツドリンクです。そのため、もともとは医薬品の延長線上にあった飲み物であり、薬に近いものです。

また、大塚製薬は病院で使う、脱水症状を起こした患者に水分補給として行われる点滴を作っていた会社です。ポカリは飲みやすいように味付けしてありますが、基本的には点滴と同じ成分でできているため、身体に害はありません。

3. 効率的に水分補給ができる

スポンサーリンク

Check Also

熱があるときでもお風呂に入ることは良いのか?悪いのか?

昔から、風邪をひいたりして熱が …