Home / 健康 / 気圧の変化によって頭痛が生じる原因と緩和するための7つの方法

気圧の変化によって頭痛が生じる原因と緩和するための7つの方法

 気圧の変化が激しい日は、頭痛に悩まされている方が多くいるのではないでしょうか。

低気圧と頭痛の関係性は科学的に特定できていないものの、相関関係があると言われています。特に、6月の梅雨の時期は低気圧の日が続いてしまうため、頭痛に悩まされている方が多いようです。

このような低気圧による頭痛を改善するためには、緩和するための方法を事前に知っておくことが大切です。

そこでこの記事では、気圧の変化によって頭痛が生じる原因と緩和するための7つの方法をご紹介します。

低気圧による頭痛に悩まされている方は、気圧による頭痛の症状を少しでも緩和しましょう!

スポンサードリンク

気圧と頭痛の関係

気圧の変化によって頭痛が起きる原因は、現段階においても特定されてはいませんが、次のような説が有力であると言われています。

  1. 気圧が変化することによって、頭蓋骨内の圧力が変化して血管が収縮する。その後血管が拡張する時に周囲にある三叉神経を刺激し、偏頭痛のような痛みを生じさせる。
  2. 気圧が低下することで、血圧が下がる。血圧が下がることで血流の流れが変化し、その結果血管が拡張して偏頭痛のような痛みを引き起こす。

気圧によって引き起こされる頭痛は偏頭痛の症状と似ており、特に女性に多いとされています。

気圧による頭痛を治すための7つの方法

気圧の変化による頭痛を緩和するためには、「偏頭痛に効果的な対処方法」を実践することが大切です。これは、偏頭痛が起きる仕組みや症状と似ているからです。

血管が収縮・拡張することによって周囲にある神経を刺激し、それが痛みとなって現れるため、血管の働きを安定させてあげることが大切です。

気圧の変化によって頭痛が生じた場合には、次の対策を実践しましょう。

  1. ズキズキと痛む部分を冷やす:患部を冷やすことで、血管の働きが抑制され痛みが引いていく。
  2. 大きな音・強い光を避ける:脳に強い刺激を与えると血流の活動が促進されるため。
  3. カフェインを含む飲料を飲む:コーヒー等に含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があり、血管拡張による痛みを緩和できる。
  4. チョコレートや赤ワインなどを控える:チョコレート等に含まれるチラミンには、血管収縮作用(収縮した後拡張する)があるため。
  5. 質の高い睡眠をとる:脳に十分な休息を与えることが、血流や血管の正常な働きに必要であるため。
  6. 生活リズムを整える:夜更かしや昼夜逆転の生活は自律神経の失調に繋がる。
  7. ストレスを解消する:ストレスは血管の正常な働きを妨げるため。

これらの対策を実践することで、気圧によって生じる頭痛を予防・緩和することができます。是非低気圧の日に頭痛に悩まされている方は一度実践してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

気圧の変化によって頭痛が生じる原因と緩和するための7つの方法をご紹介しました。

頭痛のない毎日を手に入れることで、日々をより充実させていくことができます。

低気圧の日に頭痛が生じるという方は、是非本記事を参考にして、気圧の変化による頭痛に対して対策をしていって下さい。

スポンサーリンク

Check Also

風邪の時のお酒はNG!アルコールが体に及ぼす3つの影響

アルコールは使い方を間違えなけ …