Home / 暮らし / ダイエット / タンスの肥やしになってない?正しいEMSダイエットを徹底解説

タンスの肥やしになってない?正しいEMSダイエットを徹底解説

EMSは体を動かさなくてもお腹やせできるダイエットマシンです。自動的に筋肉を動かすので、辛い運動をせずに痩せられることから夢のダイエット方法として注目を浴びています。しかし、EMSを使いこなせず思ったように痩せられなかったと、タンスの肥やしになっている人も多いのではないでしょうか。

比較的高価なEMSをタンスの肥やしにしてしまってはもったいない。買ったからには正しく使って効果を実感したいものです。そこで今回は、正しいEMSダイエットを徹底的に解説していきます。

スポンサードリンク

そもそもEMSって何?

EMSとは、医療用から生まれたダイエットマシンです。もともと病気やケガ、高齢などで体を動かすことができない人のために、リハビリをしたり痛みを取る機会として生まれました。

その後、機械がコンパクトになり、低周波だけでなく高周波や干渉波などのより効果的な周波数を搭載することで、スポーツ選手の筋肉強化やダイエットに使われるようになり、一般にも普及してきました。そんなEMSを正しく使いこなすために、まずはEMSについて学んでいきましょう。

EMSの仕組み

人間の体は、脳から微弱な電流が送られ筋肉に当たることにより、筋肉が動く仕組みになっています。普通は自分が意識的に体を動かすことで、筋肉を鍛えることができます。しかし自分で行うトレーニングは、慣れない最初のうちは筋肉痛になるなどして苦痛を伴うこともあり、なかなか続けられない人も多いことでしょう。

そこで登場したのがEMSです。EMSとは、電気筋肉刺激を意味するElectrical Muscle Stimulationの略称で、機械から生じる電気刺激を直接筋肉に与えることで、自分の意志とは関係なく筋肉を動かすことができる機械です。

筋肉に電気刺激が与えられると、筋収縮が起こりその刺激によって筋肉が発達します。この時の筋肉は、速筋と呼ばれる瞬発力やパワーに優れた筋肉です。この速筋は本来、強い負荷をかけなければ鍛えることができません。しかし、EMSを使用することで、強い負荷いらずで電気刺激で速筋を鍛えることが可能になります。

また、この速筋は鍛えるたびに筋肉が発達しやすいので、見た目に大きく影響することから、しっかりと引き締まった体になります。さらに、筋肉が増えたことで基礎代謝が上がるので、結果的に痩せやすい体を作ることができるのです。

EMSの効果

ではEMSを使用すると、どのような効果があるのでしょうか。実は、EMS自体には脂肪を燃焼させる効果はありません。そのため、EMSを使うことで劇的にダイエットしたいと思っている人にとっては、何の効果も出ないと感じることも。

EMSの仕組みでも説明したように、EMSは電気刺激を利用して筋肉を鍛える機械です。筋肉は鍛えられると筋肉量が増えていきます。筋肉はあるだけでエネルギーを使うので、筋肉量が多い人の方がエネルギー消費量はあがります。つまり、EMSで筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がった結果、痩せやすい体が作られるのです。

また、EMSは普段鍛えにくい場所や、気になるところに集中的に電気刺激を与えることが出来るので、部分痩せやメリハリの利いて引き締まった体を作ることも可能です。ダイエットしたいと感じている人の多くが気になっているお腹や、自分ではなかなか鍛えることのできない背中など、EMSだからこそ鍛えられる場所を鍛えるのもダイエットには効果的です。

EMSのメリット・デメリット

EMSを使う前に、メリット・デメリットについて理解しておきましょう。

メリット

EMSの主なメリットは以下の4つです。

  1. 強い意志は必要なく、運動嫌いでも続けられる。
  2. ながらトレーニングができ、時間を有効活用できる。
  3. 動かしにくい部分など、部位を選んで使用することができる。
  4. 現実的には難しい回数の刺激を筋肉に与えることができる。

デメリット

メリットがある一方で、EMSにはデメリットもあります。

  1. 張り切りすぎると筋肉痛になる。
  2. 使い方や体質によっては、刺激を感じる。
  3. 心臓や血管などに持病があると使えない。
  4. ジェルパッドのランニングコストがかかる。
  5. すでにEMSを長期間使用している人には効果が薄い。

正しく使ってダイエット

それでは、実際にEMSを使って痩せるためには、どのようにEMSを活用したらいいのでしょうか?EMSをダイエットに活用するためには、正しい使い方をすることが大切です。ここではEMSの正しい使い方について解説していきます。

パッドを正しい位置に

EMSを使って効果的にダイエットするためには、パッドを正しい位置に貼る必要があります。基本的にはどこに貼っても大丈夫ですが、貼る位置によって効果が変わってきます。なぜなら、筋肉は構造上、両端が細く真ん中に向かって太くなっているからです。

筋肉全体を鍛えるためには、出来るだけ筋肉の両端にパッドを付けた方が筋肉が効率的に動くので、効果も早く実感できるでしょう。しかし、筋肉の両端は腱に移行している場所でもあるので、そこは避ける必要があります。筋肉と腱の見分け方としては、筋肉がギューっと縮む感じがする箇所と覚えておきましょう。

ビリビリしたり、何も感じない時には正しい位置に貼れていないので、貼り直す必要があります。最初はうまくいかないこともあるでしょう。しかし、継続して使用するうちにだんだんとわかるようになるので、あきらめずに続けていくことが大切です。

ここで注意しておかなければならないことは、パッドを心臓周辺に貼ってはいけないということです。心臓は心筋という筋肉で動いているので、心臓周辺にパッドを貼ってしまうと電流が心臓に影響を与える可能性があります。胸筋を鍛えたい場合でも、心臓周辺は避け30分以上は使わないようにし、電流は強くしないようにしましょう。

大きい筋肉から

ダイエットのためにEMSで最初に鍛えるべき筋肉は、大きな筋肉です。筋肉は大きいほど大きなエネルギーを生みます。つまり、大きな筋肉であるほど代謝量も増えていくのです。大きな筋肉を鍛えることは基礎代謝アップに繋がり、効率的に脂肪を燃焼させることができるようになるでしょう。

具体的には、お尻やお腹、太ももなどの様々な筋肉が集まって一つの大きな筋肉として働いている場所から鍛えます。この中でも特にお腹は、ウエストのサイズダウンも期待できるので、ダイエット目的でEMSを使用するのであれば、一番最初に鍛えると良いでしょう。時間はかかりますが、根気よく続けることで目に見える効果を実感することができます。

しっかり休みをとる

筋肉を効率的に鍛えるには、筋肉を鍛えるだけでなく休ませることが必要です。

筋肉は伸び縮みすることで力を発揮しますが、負荷がかかると筋繊維が壊れます。壊れた筋繊維は24時間から48時間をかけて徐々に修復されていきます。この修復が行われている間にしっかりと休息を取っておくと、以前より大きな筋肉になります。

これを超回復と言い、確実に筋力アップを図るためには重要なポイントです。筋肉痛や疲労を感じた時には、超回復のチャンスなので休むように心がけましょう。そうすれば代謝も上がりEMSダイエットの成功の近道となります。

しかし、どうしても毎日やりたいと思う人もいることでしょう。その場合には、パッドを貼る場所を変えるようにします。基本的には全く同じ場所には1日1、2回で十分に効果があります。効果を焦ることなく筋肉を休ませることで、より効率的に筋肉を鍛えましょう。

プラスアルファで運動を

EMSは筋肉を鍛えるダイエットマシンなので、それだけでは脂肪を燃焼させることはできません。より効率的にダイエットをしたいのであれば、EMSにプラスアルファで運動を行う方が良いでしょう。

運動の中でも一番おすすめなのが、有酸素運動です。有酸素運動には脂肪燃焼効果があります。しかしその効果を実感するためには、かなり長い時間有酸素運動を行う必要があります。また、長い時間する割には消費エネルギーが少ないので、ダイエット効果を感じる前に大変さを感じてしまい、挫折してしまう人が多くいます。

そこで活躍するのがEMSです。実は、有酸素運動をする前に筋トレを問い入れると、筋トレ直後から代謝がアップすることが知られています。つまり有酸素運動を行う前にEMSを使用すると、より効果的にダイエットを成功に導くことができるのです。

EMSは筋トレが苦手でも筋肉を鍛えることが可能ですし、ながら運動ができるので有酸素運動の前に筋トレする時間が取れない人にもおすすめです。

オススメのEMS器具

早速EMSを使ってダイエットしたいと思っても、EMSにはたくさんの種類があってどれを選んでいいかわからないと悩む人もいるでしょう。EMSには価格だけでなく、周波数の違いや使い方にもさまざまな種類があります。選ぶ基準は自分の体やプラン、生活リズムによっても変わります。購入時には総合的に判断して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

それでは、おすすめのEMS器具を4つ紹介します。

MTG SIXPAD Abs Fit

プロサッカー選手クリスチアーノ・ロナウドの運動理論から生まれたEMSがSIXPADです。ローラーやベルトがなくコードレスで、ただお腹に貼るだけで使用することができ、薄いので服の下につけたまま出かけても違和感がないので、忙しい主婦のダイエットにも向いています。

20Hzという低周波を採用し、23分で4種類のトレーニングを行うことができます。ウォームアップからクールダウンまでの一連の流れを自動で行ってくれます。専用ジェルシートを使用するため、ランニングコストがかかります。

SIXPAD-シックスパッド公式サイト

ショップジャパン スレンダートーン スポーツ

通販でおなじみのショップジャパンのEMS器具です。最近では元サッカー選手の城彰二さんや、杉村太蔵さんが使用し効果があったことでも話題になりました。

巻くだけで腹筋300回相当のトレーニングができます。また、10種類のトレーニングメニューが内臓されており、継続して行うことで自動でレベルアップしていくので、ダイエット初心者にも向いています。充電式ですので、電源にさしておけば電池切れの心配はありません。強度も1~100までと細かく調整できるところも魅力の1つです。

ジェルパッドを交換する必要があるため、ランニングコストはかかります。もし自分に合わないと思った場合には、正規店で購入していれば39日間は返金対応してくれます。

スレンダートーン公式サイト ‐ 巻くだけで腹筋!

東レインターナショナル トレリート

トレリートは気になる部分に貼って使用するEMS器具です。

パッドタイプなので腹部以外にも、お尻や太もも、背中、バストに二の腕などの気になる場所に使用することができ、それぞれに専用プログラムが設定してあります。ウォームアップからクールダウンまでの一連の動作を1つのサイクルとして自動的に行うことができ、パワー設定の変更も可能です。

シンプルでわかりやすい画面とボタンで、操作しやすいことも魅力の1つです。また、電池でも電源アダプターでも使用することができます。

EMSフィットネスマシン トレリート®

伊藤超短波 ツインビート3 ターボ

ツインビート3ターボは、ローラーを使用するタイプのEMS器具です。

ジェルを使用しないので、ランニングコストがかかりません。エステ業務用として生まれた商品で、他の器具とは違い顔に使用することができるので、フェイスマッサージを行うこともできます。

4極モードと2極モードがあり、使用したい部位に合わせたプログラムが内臓されています。広範囲だけでなく部分痩せも可能で、レベルも1~80までと細かく設定ができます。

特筆すべきは、他の家庭用にはあまり見られない中周波と呼ばれるリラックス効果のある周波数が出せる点です。

電子運動器・美容器 ツインビート3ターボ|伊藤超短波株式会社

まとめ

いかがでしたか。今回はEMSダイエットについて徹底解説しました。タンスの肥やしになっていたEMSも、正しく使うことができれば効率的なダイエットが実現します。今からでも遅くはありません。せっかく購入したのですから、上手に使ってスレンダーな体を取り戻しましょう。ぜひEMSダイエットを成功させて、楽しく幸せな日々を手に入れて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

趣味にも通勤の片手間にも効果的な自転車ダイエットの魅力に迫る!

最近では、健康のために自転車で …