Home / 料理 / あなたにいい節約料理には、理由がある。

あなたにいい節約料理には、理由がある。

~節約料理をもっと楽しむ~新習慣
あなたにいい節約料理には、理由がある。
なぜ、節約料理には「あなたにいい」のか?

なぜなら、節約料理が、生み出す3つの理由があるからです。

あなたは、節約料理をしていますか?

スポンサードリンク

節約料理をもっと楽しむ理由


もしかしたら無意識に、あなたは、節約料理をしているかもしれません?

理由1.人間の健康や美しさをキラキラにすることができる。

キラッキラッで、つやつやの貴方を創るのは、日々の節約料理です。

あなたの身体(からだ)は、あなたが無意識に選択し、目にし、手にし、料理し、口にいれて食べて味わうもので決まります。

とりわけ、身体のなかでも、目、肌、髪に、節約料理の効果がでます。

節約料理で、身体をキラキラと、滑らか、ふと自分でも触りたくなるような身体を手にするための節約素材は
何か?
をまず知ることです。

あなたの身体のメカニズムを
あなた自身でみながら、
感じながら、時には身体に触れてみて、料理することです。

身体の基礎をつくる素材は、あなたの身体の細胞にいいものです。

そこで日常的に身体に良い5つの素材をあなたが選択することです。
一般的によく言われている
トマト、ヨーグルト、納豆、ブロッコリー、リンゴです。
*納豆に苦手な場合は、豆類を選択することです。豆腐や、枝豆、大豆です。
この身体に良い5つの素材を

まずは・・・

自然の色、あなたが目にする
“赤いもの”、“白いもの”、“茶色のもの”、“緑のもの”を
手に取って、新鮮さを感じ取ることです。

あなたの目、手に触れて、考え、創造することです。

自然に目にはいってくる5つの色の素材を節約料理の軸として選択することです。
無意識に選択できるまでは、「トマト、ヨーグルト、豆、ブロッコリー、リンゴ」と口に出していってみることです。ちょっとメモして買い物にいくのもいいです。

上記5つを購入する際に、新鮮ではなかったりした場合、手に余る価格であった場合は
手を出さず、赤色、白色、緑色、そして、黄色の色の素材を選択してみることです。
代用するということです。

代用することも、節約料理の素材選びのひとつです。
あなたの好きな赤色の素材はなんでしょうか?
あなたの好む白色の食べ物はなんでしょうか?
あなたが目を引く緑色の食材はなんでしょうか?

パブリカ、赤かぶ、赤とうがらし・・・
豆腐、大根、冬瓜・・・
きゅうり、パセリ、キャベツ・・・
そして、
黄色い素材は? バナナ、レモン、黄色いパプリカ・・・

また、
あなたが素材を選ぶうえで、
目でみて、手にして、触れてみて

これは!わたしにいい!

と思う、直観に従って、あなたの身体にいい素材を選ぶのは
実は、とてもいいのです。
いい!と感じるだけで、身体全体が温かくなるのをあなたは感じるのです。
あくまでも、身体の本質を高めるといわれている5食材ではありますが、
本質は
めあすでもあります。

食材を手にして、この素材は、なににしよう?!こうしよう!あーしよう!
をイメージすることで、
頭を使うことで、あなたの頭もワクワク、イキイキ、動き出すのです。

そうすることで、頭もこころも、キラキラっらに輝くのです。
節約料理をすることのプロセス=過程で
頭を使うことで、こころが磨かれて、身体の内側から生まれ変われるのです。

身体の若々しさや輝きは、お手軽に、手にすることも
いまでは、誰にでも、簡単にすることもできそうですが
お金がないと、手にすることができません。

節約料理は、あなたのお金も節約することができるのです。
もちろん、時間もです。
時間を節約できることで、あなたの自由な時間を掴むことも!できるのです。

節約できたお金と時間で、あなたの心にゆとりができ
あなたのゆとりが、身体が反応して
キラッキラッに内側から輝くのです。

この輝きは、あなた自身が作り上げた
あなただけの
ものです。

『節約料理は、身体にいい!』


いまでは、いつでもどこでも、お手軽に
節約料理はあなたの手にすることができます。
そんな中、あ・え・て!
節約料理をすることで!
節約料理の本質である『あなたの健康・お金・時間』を守ることです。

かけがえのない、“健康”。
あなたの健康を意識し続けることです。
健康だけは、医師でも
あなた自身の健康状態は
実際、本当はわからないのです。

おいしい♪
も、あなたと、あなた以外の人の感覚は
似ているようで、違いがあります。

心から、あなたを幸せにする食べ物は、
あなた自身で、
想像しながら、料理することです。

いつでも!絶好調!楽しい!うれしい!な気分をし続けることは、
あなた自身で、節約料理をワクワクしながら
やってみる!ということです。

毎日の料理をいかに、あなたらしく、上手に節約料理するか・・・も
大事です。

理由2.唯一無二の自然成分=素材のチカラ
そのためには、5つのことを意識することです。
1.料理する素材を手にして、図る(重さ、形)ことです。
2.合わせ素材を、考えることです。
3.うまみの取り方です。味わい方を考えることです。
4.素材の切り方です。
そして、最後5.に、保存の仕方です。

理由1に書かれている「トマト、ヨーグルト、豆、ブロッコリー、リンゴ」を実際に手にすることから始めることです。この5つの素材に合わせる素材を考えてみることです。

節約料理ですから、あなたの身体の状態をみながら、素材5製品を軸に、
体調をみながら、節約料理を考えます。

自然成分を最大限に発揮させることはもちろんのこと、節約料理する順番もかんがえてみます。同時に、食べる順番も意識しながら、節約料理していきます。

節約料理の順番は、
1.お野菜=サラダ または、おつまみ
2.ごはん・麺類
3.肉・魚類=おかず
4.お味噌汁・スープ類=汁物
5.おしんこ・デザート=つけ置き類 そして、飲み物といった水・お茶・アルコール類など、の順番で、いただくのが、健康な身体づくりを効果的にいただくおススメの順番です。

料理するのも、あなたが口にする順番でもあります。

サラダやおつまみから入るのは、食べ始めることを、身体に伝えることです。
水やお茶からはいってしまうと、実は、身体は栄養を取り込むことではなく
流したり、めぐることを考えてしまいます。

できるだけ、料理や食事をする前後に、水やお茶はいただいておくようにして
一端、料理や食事が始まったら、素材の味で身体をいっぱいに
してあげましょう。

次に、ごはんや麺類をいれて、さあ・・・食べるぞーを身体全体に
伝えるのです。 おかずを料理して、汁物を用意するのです。
料理の合間合間に、出来るだけ素材に触れて、色々とイメージしながら
節約料理を楽しむのです。

節約料理は、きちんと身体に素材のチカラが届くように、飲み物(水も含みます)をできるだけ最初に摂らないようにします。節約料理の場合は『自然のまま=素材のまま』→
切る、蒸すだけ!熱を加えることだけです。それ以外はしないことです。

とりわけ、節約料理は、素材の期限ほか、時間も節約することです。
限りなく節約、厳選された素材を選び、節約料理することです。
素材のチカラを活かす!
理由2で紹介している5つのことを意識すること。

素材の本質を考えることです。
トマト。トマトといえば、土に根を広げ、太陽いっぱいの光を浴びることで、実が段々と
赤くなります。また、赤の食材の林檎。林檎も、燦燦と当たるチカラで、大きく育つのです。

さらに、赤の本質というのは人間の身体をめぐる、血の色でもあるのです。血のめぐりをよくするには、節約料理を考えることで、頭を働かせて、体がサビつかないように、さまざまな料理を、素材が吸収しやすく=素材のチカラを発揮しやすくすることで、さらにアップさせることです。

節約料理には、彩りも大事です。
彩を自然ゆたかにするには
あなたのセンスと組み合わせがものをいいます。

彩で注目したいのは、自然です。
あなたが普段、無意識に歩いている、みている風景が
あなたのセンスや彩を捉えるといっても過言ではありません。

自然の色を意識して、いつも同じように見る景色だけではなく
別の景色を見に行く事も大事です。
あなたの、これからの生活を、これまでとは少しだけ変えて
暮らしてみることで、
自然と、あなたのセンスも高まるのです。

視線を変えることから、始めましょう。

毎日、観るものを、感じるもの、ふれるものを
あなたの節約生活をよりよく感じる為に、
変化させていくことです。

さて、味わい方のあとは、切り方です。赤と緑、組み合わせる素材をバランス良く、あなたの一口で入る程度に切ります。切る工程では、様々な切り方にチャレンジすることです。
様々な切り方があります。できるだけ、節約するには、料理の手間も考えて、2つに割って、いただくことです。

素材を混ぜる工程で、ブラックペッパー、ハーブ、蜂蜜、マヨネーズ、そして、
日本ならではのだし汁をいれてみるのもいいです。
あなたのお好みで、節約料理を楽しみましょう。

できるだけ簡単に。

節約料理を味わったら、

最後に、保存の仕方です。
節約料理で大事な工程のひとつですが、いったん、素材を切ったものをそのままのうまみを活かして節約保存することは、あなたの生活リズムにもよりますが、高温で熱を加えてから、冷凍するという節約保存の仕方があります。

同じ料理を毎日食べてしまうと、飽きてしまいますから、できるだけ、素材をいかにして
保存する事も一緒に考えることが大事です。お手頃、お安い、リーズナブルなお値段で購入したものを、冷凍保存すること。購入した日を書く習慣をつけることです。

冷凍したものを急速解凍することです。最近では便利な電子レンジもありますが、節約料理を考えますと、電気を節約することも心がけることも大事です。
そこで、おススメなのが、素材に熱を加えたりしたものは、小分けにわけてラップまたはタッパにいれて冷凍保存することです。素材をそのままに保存する場合は、それぞれの素材にあわせての節約保存法があります。きっちりとラップ=うまみを閉じ込めると言う事です。

素材を購入した状態をみて、保存方法も考えるということです。
例えば、冷凍庫にて販売されている素材を購入した場合は、冷凍庫です。
自然のままの状態で販売されている素材を購入した場合は、そのままです。ですが、一度、どのような状態で保存するのがいいのか、販売している人とコミュニケーションを取って
聞いてみる事です。節約料理は、人との会話やコミュニケーションを取るうえで、気軽で!簡単な!あなたにもデキる!ひとづきあいをもスムーズにできることです。


ただ、相手が、話しにくい状態であったりした場合は、相手の様子をみながら、「ちょっと教えて頂けますか?」と、、、ちょっと、、、を添えて、相手の左側から声をかけることで、
相手のパーソナルスペースに、スー――と入ることができます。

会話をすることで、脳内にアドレナリンとセロトニンが出て、それだけでも、節約料理のチカラがでます。そうとはいえ、無理をしないように、声をかけることです。
様子をみることです。

節約生活の準備として、考えて頂けると嬉しいです。

様々な素材を、様々な準備で、節約料理を楽しく!心豊かに!ワクワクしながら、考えることです。

理由3.節約料理の組成にミラクルがあります。
「節約」としての料理は、見た目が粗末であるようなイメージがありますが、「もったいない」精神がいいと世界でも賞賛されたことで、この節約という概念が180度かわっています。

節約料理を構成する豊富な素材群の選び方とともに、様々な料理の仕方を工夫する、研究する、開発などで、構成される節約料理は、あなたの創造力やセンスから生まれる、世界中で同じものがひとつとない類をみないミラクルものができます。

節約料理は、あなたの状態、こころの状態、身体の状態を組み合わせることで
あなたの創造する以上に美味しいものと成り、
満足のいくものミラクルです。

最後に、節約料理は、豊富なこころで、創造豊かに、無理をしないことです。
体の中にたくさんのエネルギーのある状態、すなわち元気の素となる状態を、あなたの身体と向き合い、感じて、触れて、理解してみるうえで料理をするのが一番です。

節約料理は
せ・つ・や・く・料理で、せっせと、つくり、
節約料理をする素材を、やさしく、
あなたの、くふうで、人生に必要なものをSaving(セービング:蓄える)事も期待できます。

節約料理で、節約生活をも満喫し、あなたの自由をさらに豊かなものに結び付けましょう。

スポンサーリンク

Check Also

どれがおすすめ?コーヒー豆とその種類

何年も前のことですが、自宅の近 …