Home / 健康 / お酒で頭痛になるのはどうして?お酒による頭痛の原因と対策方法

お酒で頭痛になるのはどうして?お酒による頭痛の原因と対策方法

 お酒で頭痛が生じる時、お酒自体が頭痛の原因となっている場合といわゆる二日酔いの2つの場合があります。

基本的なお酒による頭痛を回避する方法は、酒量をコントロールすることです。また、お酒による頭痛を生じさせないためには原因を理解しておくことも重要です。

そこでこの記事では、お酒を飲んだ際に引き起こる頭痛の原因とその対処法をご紹介します。

お酒を飲んだ翌日に頭痛を感じる場合は、原因に合わせた対処を行うことで症状を改善しましょう!

スポンサードリンク

お酒で頭痛になる2つのケース

ここで「頭を痛める」というのは、実際にお酒を飲むことが頭痛の原因となっている場合を指します。

この時、お酒で頭痛を発症してしまわれる方には大きく分けて2つのタイプがあります。

一つはお酒を飲むことで(大量飲酒ではなくとも)頭痛を生じてしまう方と、大量飲酒のために頭痛を生じさせてしまう二日酔いの場合とがあります。

この2つのタイプは原因が異なるため、当然対策もそれぞれ異なります。

お酒を飲むこと自体で頭痛が生じてしまわれるタイプの方

お酒を飲むこと自体で頭痛を生じる場合、その原因は体が早くアルコールを体外に追い出そうとしていることにあります。アルコールは一種の毒物ですので、体から追い出そうという働きが生じます。

これは、お酒があまり合わない体質の方の場合や体調が悪い場合などに起こります。

その際、体はアルコールを追い出す方法として血管を拡張して血の流れを活発にするという方法をとるため、拡張した血管が神経を圧迫し、頭痛が生じます。

この場合には、水を飲んだり、そもそもお酒自体をご自身の適量に抑えることで頭痛を回避することができます。

一般には、このようにお酒で頭痛が生じる方のことを「酒に弱い」などと揶揄することがあります。しかし、これはいわば生理作用として生じるため、健康のためには必要なことです。

一般的な意見などは気にせずに自分のペースでお酒を飲むようにしましょう。

仮に、お酒で頭痛が生じてしまった場合には、水を飲みトイレに行くなどして早く体からお酒を出すこと、早く休むことが重要です。

いわゆる二日酔いの頭痛の場合

次に、お酒の飲みすぎで翌日などに頭痛が生じた場合、いわゆる二日酔いの場合の原因と対策は以下のようになります。

まず、二日酔いで頭痛が生じた場合、その原因は、アセトアルデヒドが原因となります。アセトアルデヒドはお酒を分解する物質です。

このアセトアルデヒドは体にとっては毒物とも言えるお酒を分解するほどのものなため、いわば「劇薬」ということができるほど強力な物質です。

そのため、体内アセトアルデヒドが残ってしまった場合はそれを体外に排出しようとして血管が拡張します。この時、頭痛が生じることとなります。

二日酔いで頭痛が生じた場合の対処方法としては、水を飲んだりコーヒーを飲むことが効果的です。また、可能な限り安静にして自然に回復することを待つことが重要となります。

さらに、二日酔いの頭痛に効き目があるドリンク剤などもよいでしょう。

他には、ツボを刺激することもお酒による頭痛を解消するためには効果的です。

例えば、「太衝」(たいしょう)と呼ばれる足の親指と人差し指の骨の間にあるツボです。このツボを刺激することで、肝臓の働きが活発となりアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

また、しじみの味噌汁を飲むことも効果的です。しじみは肝臓の働きを助けてくれる必須アミノ酸を含んでいるため、アセトアルデヒドの分解が促進されます。

頭痛を感じた際にはしじみの味噌汁を飲むとよいでしょう。二日酔いの頭痛の場合には、特別な対策を講じるというよりは、自然な回復を待つこととなります。

まとめ

いかがでしたか?

お酒の飲み過ぎによる頭痛の原因とその対処法をご紹介しました。

頭痛はお酒の飲み過ぎによって引き起こされる場合がほとんどです。そのため、お酒は自分のペースで体調に気を配りながら飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

風邪の時のお酒はNG!アルコールが体に及ぼす3つの影響

アルコールは使い方を間違えなけ …