Home / 暮らし / 出産 / 初めての育児の不安を乗り越えるための心構え

初めての育児の不安を乗り越えるための心構え

はじめての妊娠、出産、そして育児。

初めての事ばかりで少し心配だったり、不安になったりする事はありませんか。
大切な命をこの世に生み出したという、とても大きな仕事を終えた新米ママさん。

育児は休めない?母乳が心配?赤ちゃんの発育が気になる?

大丈夫ですよ!育児は楽めます!こちらを読んで少しでも不安を取り除いてくださいね。

スポンサードリンク

一人で育てせず、赤ちゃんを預ける事も考えましょう

責任感の強いお母さんほど陥りやすい、「自分でなんとかしなくては!」という想い。
とてもわかります。
十か月もお腹の中にいて、一緒に過ごした赤ちゃんです。
お母さんが一番良く赤ちゃんの事をご存知なのです。

しかし、昼夜問わずミルクを飲む赤ちゃん。夜中も何度も起きなければなりません。

通常人間が寝ているべき時間に無理やり起こされるのです。
ごはんもゆっくり食べる事も出来ません。
お母さんが疲れて当然なのです。赤ちゃん中心に全ての時間が回り始めるのです。

是非だれかに頼ってください。
身内の方がお近くにみえる場合は、頼りやすいでしょうが、そうでない場合も遠慮せず頼りましょう。

保育園の一時保育や、認可施設など受け入れてくれるところは色々あります。
もしもわからない場合は、区役所等に問い合わせてください。親切に教えてもらえるはずです。
登録さえすれば、一日数時間のみ単発で預ける事も可能です。

その数時間で美容院に行ったり、思う存分昼寝をしたり、赤ちゃんと一緒に入れないようなお店でランチをするのも良いでしょう。

また、親戚などにもしもの事があった場合にもすぐに預けられる場所があると安心です。
時間の余裕のない時に赤ちゃんを、初めての場所に預けるという事は、お母さんにも赤ちゃんにも負担になります。
日頃から少しずつ慣れていた方が安心でしょう。

まだ預けるつもりはないとお考えのお母さんも、預ける場所だけは確保しておいてください。

お母さんは休んでも大丈夫

 

それでは、実際預けるとどうなるでしょう。

お母さんと離れると、赤ちゃんは泣きます。
お母さんは可哀想と思うでしょう。

でも赤ちゃんは泣きやみます。
お母さんが思うほど赤ちゃんは気にしていません。

赤ちゃんを預ける事に抵抗があるお母さんは、預ける事が悪だと思っている場合があります。

でも違います。

24時間休まずお母さんをする事は出来ないのです。特に核家族化の進んだ現代では、昔の考え方は当てはまらない事も増えています。
大丈夫です。
お母さんは休んでいいんです。

母親が休んだら批判を受けるのではと心配になりますか

赤ちゃんを誰かに預けて外に出たらもしかしたら、批判をされるかもしれません。
もしもお母さんが育児をせず、赤ちゃんを預けて毎日エステに通っているとしたら、それは少し考えて頂きたいです。
赤ちゃんを産む事には大きな責任を負います。
赤ちゃんはお母さんが一番好きなのです。お母さんが赤ちゃんの為に時間を使う事はそれなりに大切なのです。

しかし、大抵はそういった事ではありませんよね。
息抜きにきれいになりたいのも、毎日ではないですよね。

お母さんが元気でなければ赤ちゃん
是非お休みしてください。
是非寝てください。

赤ちゃんに何かがあったときにすぐに対応できる体力は常に確保すべきです。

お休みするお母さんを批判する人は、主に身内です。身内だからこそ厳しい目でみられます。
批判する人こそ巻き込んで、みんなで育児をする。そんなつもりでどんと構えていてください。

赤ちゃんは、お母さんの笑顔が一番うれしいのですから。

他人と比較をする事で心配はどんどん大きくなります

お母さんになると、母乳の出具合、離乳食、しつけなど本当にその子育てで正解なのかという不安が常につきまといます。

比べるなと言われても比べてしまうでしょう。でもいいんです。本当に比べなくていいのです。

「母乳が少ししか出ない。」

大丈夫です。粉ミルクがあります。
ミルクは栄養たっぷりです。ミルクで育って害がある訳ではありません。
ミルク育ち、病気はほぼ皆無、学力偏差値70の子、います。
離乳食後、毎日のご飯にたっぷり愛情をかけてあげてください。

「赤ちゃんが喋った、寝返りをうった。」
「うちはまだ。」

いいじゃないですか。赤ちゃんのしたい時にさせてあげましょうよ。何か心配事があった時は、検診時に言われます。
ママ友達は専門家ではありませんから、ご安心を。

悩んだ時こそ情報を減らしてみましょう

世の中には情報があふれています。
だからこそ、容易に比較が出来てしまいます。それは良くも悪くもお母さんを追い詰めます。

ご自身の子育てに不安になった時こそ、育児本を読むのをやめてみましょう。
先輩ママのお話を聞くことをやめましょう。

だって、そこにいるのは間違いなくあなたのお子さんです。

そのお子さんの事を一番わかるのは、他の誰でもなくあなたですから。
情報を遮断して、目の前の赤ちゃんの全てを観察してみてください。

赤ちゃんは毎日すごい早さで成長しています。そこに気づいてあげられるのはお母さんです。

育児は一人でするものではない

他にも育児に不安を持つお母さんにお伝えしたい事はたくさんありますが、とにかく一番にお伝えしたい事は「育児は一人でするものではない」という事です。
一人で抱え込まずに、子育てをすれば必ず解決策は見えてきます。

大丈夫です。

楽しく育児ができる事を考えて、大切な赤ちゃんとの時間を笑顔で過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

赤ちゃんのお祝い行事はこんなにたくさんあった!

皆さんは赤ちゃんのお祝い行事を …