Home / 家事 / 収納・整理整頓 / 子供にあった家具を見つけるための家具の選び方

子供にあった家具を見つけるための家具の選び方

子供にあった家具を見つけるのは意外と難しいですよね。

妊娠・出産を機に子供用のタンスを購入したり、自分のことが自分でできるようになってきた子供のために、子供部屋作りを始めたりと、子育てをしていると子供の家具を選ぶシーンに直面することが何度かあると思います。

でも、どんな家具を選べば良いのかイマイチよくわからない・・・と、子供にあう家具選びに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、子供にあった家具を見つけるための家具の選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

子供の家具選びのポイント

大人目線で考えてしまうと失敗する可能性の高い子供の家具選び。
使うのは子供ですから、子供の気持ちになって子供目線で選ぶことが大切です。
では早速、家具選びのポイントを見ていきましょう。

子供のお気に入りを探す

全く興味のないキャラクターものや親目線で選んだデザインの家具を購入しても、使う気が起こりませんよね。そう、お気に入りの家具を選ぶことは、とても重要なのです。

自分で選んだお気に入りの家具なら「自分のもの」という認識ができるので、家具を通じてものを大切に扱うことや、自分のことは自分でやるという自主性を促してくれます。

特に初めて自分専用の家具ができると喜んでいる子供には、一番のお気に入りを選んであげることをオススメします。きっと、より自発的に動いてくれるはずです。家具を購入すると決めたなら、売り場にも連れて行って一緒に決めると良いでしょう。

但し、あまり幼稚すぎるものだと大きくなってから使わなくなる恐れがあるので、きちんとアドバイスしてあげることも忘れないでくださいね。

長く使える家具を選ぶ

子供はあっという間に大きくなってしまうもの。
でも、子供が成長する度に家具を買い替えていては家計にも影響が及びますから、シンプルで飽きのこない長く使える家具を選ぶことが大切です。

例えば、今はまだ服のサイズも小さいし、数も少ないという場合でも、成長していくにつれてどんどんサイズも数も増えていきます。そんなときのためにも、収納力のある家具や買い足していけるものを選ぶと良いでしょう。

また、成長具合によって形が変化する家具は長きに渡って使えます。使用するにつれて味も出てくるので、子供の成長と合わせて思い出が刻まれていくはずです。

安全な家具を選ぶ

近年、家具に含まれる有害物質や転倒による痛ましい事故が増えています。
同じ空間で過ごすわけですから、身体に良い素材を使った安全な家具であることは必要不可欠。

特に小さなお子さんのいる家庭では、有害物質は含まれていないか?倒れてこないか?ぶつかってもケガをしないか?など、安全性を確かめた上で購入すると良いでしょう。

とはいえ、あまり安全性にこだわりすぎるとシンプルになりすぎるのでNG!
角が尖っている場合はクッション材を使って保護するなどパパやママのひと工夫で安全性を高めるのも良いでしょう。

子供にあったオススメの家具

ここまで家具選びのポイントを紹介してきましたが、それらのポイントを踏まえた上でのオススメ家具をご紹介したいと思います。是非家具選びの参考にしてくださいね。

■遊び心のある収納家具
子供用の家具としてまずオススメなのが収納家具です。視覚的に楽しめるカラフルな色使いのものや、どこに何をおけば良いのかわかるシンプルな構造のものなら、片付けの苦手な子供でも、自分から進んで片付けてくれるはずです。

また、壁面に収納棚を取り付けて見せる収納にトライしてみるのもオススメで、お気に入りのフィギュアや人形を片付けながらディスプレイできるので一石二鳥ですよ。

■天然素材を使ったローテーブル
ダイニングテーブルとは別に子供専用のローテーブルを用意するのもオススメです。

お絵描きをしたり、勉強スペースとして使ったり、お友達と一緒におやつを食べたり、子供だけの空間作りには最適のアイテムといえるでしょう。丈夫で柔らかさのある天然素材のものなら安心して使うことができます。

■大人になっても使えるハイチェア
離乳食が始まるとダイニングテーブルで一緒にご飯を食べる機会が増えますよね。そうなると必要になるのが子供用の椅子ですが、使用できる期間をよくチェックしてから購入してください。

最近では、赤ちゃんの頃から大人になるまで使えるハイチェアが販売されています。成長に従って座面を動かすことができるので、長く使える家具として重宝するでしょう。

■チェスト、洋服タンス
身だしなみを整えることは自立への第一歩です。自分の洋服を仕舞う、出す、着る、整理整頓するという生活習慣を覚えるためにもチェストやタンスといった収納家具はとっても大事です。

取手の部分がキャラクターになっているものや、子供の力でも出し入れしやすい引き出しなど、子供にとって使い勝手の良いものを選ぶと良いでしょう。

家具は成長のサポート役

簡単なようで意外と奥が深い子供の家具の選び方、いかがでしたか?

片づけが上手になる、1人で眠れるようになる、身支度ができるようになる、など、子供の成長にあった家具のある環境で子育てをしていくのはとても重要なことです。

パパやママと一緒にしっかりと成長をサポートしてくれる家具を選んで、子供の成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

シャワーの水圧が弱い原因と水圧の調整方法

家のシャワーの水圧が弱いと、快 …