Home / 料理 / グルメ / 本当に美味しい!おすすめのカルディのコーヒーをご紹介!

本当に美味しい!おすすめのカルディのコーヒーをご紹介!

来店するお客さんにコーヒーサービスをしていて人気の「カルディ」では、その美味しいコーヒーを目当てに行列をしている人達も多く見かけるのではないでしょうか。

美味しいコーヒーの香りに誘われて多くの人が足を止めている海外、日本のたくさんの食品を集めている魅力的なお店です。今では名前を言うと多くの人が知っているお店になっているのではないでしょうか。それほど多くの「カルディ」を見かけます。

「カルディ」では、1992年からコーヒーサービスを店頭で始めてから25年を越そうとしています。この独自のサービススタイルが今では「カルディ」の特徴になっています。コーヒーを片手に商品がたくさん積まれた店内を見て回るのが楽しみという人も多いでしょう。

ここでは、「カルディ」で評判になっているおすすめのコーヒーの魅力をご紹介します。宝探しのような店内で自分のお気に入りのコーヒーもきっと見つけることもできそうな「カルディ」です。

スポンサードリンク

カルディとは

「カルディ」は、株式会社キャメル珈琲がまるで市場のような楽しい店内を目指してつくった店舗です。「カルディコーヒーファーム」として、1986年に1号店を作って以来、全国各地でよく見かけるようになってきました。

「カルディ」は、世界各国や日本のこだわりの食材などを集めているお店で、その店の雰囲気にはいつも活気を感じます。海外の食材、お菓子、ワイン、チーズ、スパイスといったものを集めていて、まるで図書館のように天井高くまで食品が積まれているのが印象的です。

正式には「カルディコーヒーファーム」

カルディとは、株式会社キャメル珈琲が経営している、輸入食材や厳選したコーヒー豆を主に取り扱う小売店で、正式には「カルディコーヒーファーム」と言います。2010年に約200店舗あった日本国内のカルディコーヒーファーム直営小売店は、2017年8月現在その数を倍の398店舗に増やしており、カルディの人気は留まるどころか、勢いを増しています。

カルディーコーヒーファームには、カフェが併設されている店舗もあり、おしゃれな空間の中で美味しいコーヒーが飲めるとあって、幅広い世代の方から支持を得ています。国内だけでなく、カルディは海外進出も果たしており、タイには「カフェカルディ」と呼ばれるカフェがタイに4店舗あります。

カルディコーヒーファームの魅力4選

1.店頭で配られるフレッシュなコーヒー

カルディで有名なのが、コーヒーサービスです。入れたての美味しいコーヒーを、紙コップに入れて来店客に無料で振る舞うサービスがあり、客はコーヒーを味わいながらゆっくり店内を見て回ることができます。これは商品のプロモーションではなく、純粋なおもてなしとして行われているサービスです。

お目当ての商品が決まっていて、パッと買って帰るつもりでも、美味しいコーヒーをもらったら、「コーヒーが飲み終わるまで、ちょっと新商品を見ていこう」という気になりますよね。このコーヒーサービスの成果もあり、カルディは客の店舗滞在時間が長いのが特徴です。

2.ヨーロッパの図書館をイメージした店内

店内の雰囲気も人気の理由のひとつです。カルディは、電力消費を減らすため、店内の照明が暗めに設定されています。そして、高いところまで所狭しと陳列された商品の数々。ヨーロッパの図書館をイメージしてデザインされたこの店内のディスプレイは、とても落ち着けると好評です。「商品をひとつずつゆっくり見て、掘り出し物を探したい」そんな気分にさせてくれます。

カルディは、コーヒーと輸入食品のワンダーショップというだけあり、その品揃えも素晴らしいです。普通のスーパーではお目にかからない、世界各国の珍しい商品がたくさん売られています。どれもこだわりの商品なだけあり、味も美味しく失敗がありません。

3.リーズナブルな価格

これまで輸入食品は値段が高いという印象がありましたが、カルディはそのイメージも払拭し、非常にリーズナブルな価格の商品を数多く取り扱っています。この価格の手頃さが、カルディのリピーターを多く生んでいるのです。

4.お得なセールやイベントもたくさん!

日頃から低価格な商品を扱うカルディですが、それらの商品をさらにお得に購入できる、セールやイベントもカルディ好きな方の間で注目を浴びています。

カルディでは季節のイベントを始め、1年を通して様々なイベントが絶えず企画されており、中には10%~20%オフのものもあります。

その他にも、店舗ごとにオープン記念日セールが年に一度開催されます。このセールでは、コーヒーを通常価格の半額で購入することができるため、このセールを狙って多くの客が訪れます。コーヒー以外の商品も10%オフになるため、コーヒーを飲まない方でもお得に買い物ができます。

カルディのコーヒーの魅力

また、やはり一番のこだわりはコーヒーで、30種類もあるというコーヒー豆に、お気に入りを求める人も多いのではないでしょうか。レジのそばに並ぶコーヒー豆の種類はとても多いものがあり迷ってしまいます。

安心、安全にこだわり、地球環境や人へもこだわるカルディ

また、「カルディ」のコーヒーへのこだわりは、コーヒーのおいしさとともに品質の安心、安全なコーヒー豆を厳選しているところにあります。焙煎、ブレンドにももちろんこだわっていて何度も試飲をしながら作り上げているのが「カルディ」のコーヒー豆です。

生産地の農園と栽培から出荷まで確認を行いながら作ったコーヒー豆を提供。特に「バードフレンドリー(R)」や「ドイトンプロジェクト」では、地球環境と人に配慮したコーヒー作りを行っているのも「カルディ」の特徴です。

「バードフレンドリー(R)」は、中南米の環境と渡り鳥にやさしい取り組みを行っていて、渡り鳥が休む森を利用した有機栽培によってコーヒーが生産されています。コーヒー栽培で農家を支えることで、森も維持され、渡り鳥も守ることができるといった仕組みが作られています。環境を考えられたコーヒー作りが考えられています。

また、「ドイトンプロジェクト」は、タイ、ミャンマー、ラオスの国境沿いの山岳地帯で行われているプロジェクトです。以前は貧困のため、麻薬の栽培などを行っていた地域でコーヒーの栽培を推進しているものです。このプロジェクトによって地域の人々の安定した暮らしを実現しています。

「カルディ」で売っているコーヒーは、こうした地球規模の環境や人を守っているものとなっています。そんな幅広い活動を行っているのが「カルディ」のコーヒーです。

知らないことも多くありますが、こだわりと環境、人を考えたコーヒーということがわかりますね。

店頭で試飲できるのは「マイルドカルディ」

さて、店頭で多くの人が試飲しているあのコーヒーですが、「カルディ」一番人気のオリジナルブレンドの「マイルドカルディ」が使われています。

また、夏はアイスコーヒーがサービスされていて別の「アイスブレンド」が使われています。どちらもミルクと砂糖がたっぷり入っていて甘いのが特徴です。たまにミルク抜き、砂糖抜きとしている人もいますよね。

このサービスのコーヒーは、いつもドリップ仕立てのコーヒーが店の奥から運ばれてきている様子がうかがえます。開店と同時にコーヒーが準備され、コーヒーがなくなるといつも淹れたてのコーヒーが運ばれているのが美味しい秘訣ではないでしょうか。

試飲コーヒーの作り方

カルディの試飲コーヒーは、コーヒーそのものの美味しさもさることながら、甘くてクリーミーで美味しいという声も多いです。しかし、実際にマイルドカルディを購入して、自宅でコーヒーを入れても、普通の砂糖とミルクを入れただけではあの味は再現できないのです。

そこで、自宅で簡単にあのカルディの試飲コーヒーを作る方法をご紹介します。

必要なのは、マイルドカルディと、コーヒーメーカー。そして、重要なのが「クリーミーシュガーパウダー」です。

クリーミーシュガーパウダーは、カルディのオリジナル商品で、実際に試飲コーヒーにも入れられているクリーマーです。甘さとクリーミーさのバランスが絶妙で、これを使うと他のクリーマーが使えなくなるという声も多い人気商品です。

作り方は、好みの濃さでコーヒーを入れ、このクリーミーシュガーパウダーを入れるだけです。カルディの試飲コーヒーはかなり甘めに作られているため、あの味を再現するためには、クリーミーシュガーパウダーをティースプーン3~4杯は入れる必要があります。

アイスコーヒーの場合は、「アイスブレンド」で淹れたコーヒーにカップの底いっぱいにガムシロップを入れ、カルディのポーションミルクを半分入れたりすると作れたりするようです。

家でもあの味を再現してみたいものですよね。ミルクや甘さは各自で調整してみるといいでしょう。

コーヒー豆の種類も挽き方も豊富

カルディのコーヒー豆は種類も非常に豊富です。まず大きく分けて、1種類のコーヒー豆のストレートコーヒー、複数のコーヒー豆が混ざったブレンドコーヒー、そして季節限定コーヒーの3つがあります。

こだわりのコーヒー豆の香りを存分に楽しみたいならストレートコーヒー、複数のコーヒー豆の旨味や深みを味わいたいならブレンドコーヒー、いつもと少し違うコーヒーを試したい時は季節限定コーヒーがおすすめです。

購入したいコーヒーが決まったら、次は挽き方を決めます。カルディではフィルター用、エスプレッソ用、水出し用、プレス用など用途に分けた粗さでコーヒー豆を挽いてもらえます。プレス用は粗挽きで、水出し用やフィルター用は中挽き、濃いコーヒーになるエスプレッソ用は細挽きになります。

もちろん豆のまま購入し、自宅でミルを使用して挽くことも可能です。

おすすめのカルディのコーヒー11選

それでは、「カルディ」のおすすめのコーヒーについてご紹介してみます。「カルディ」で人気の5位までのコーヒーが以下のようになっています。これを参考に自分の好きな味を見つけてみるのもいいでしょう。それぞれ特徴がありますので参考にしてみませんか。

1,マイルドカルディ

まずは人気NO.1の「マイルドカルディ」です。浅煎りの甘味を感じるブラジルコーヒーのブレンドとなっています。なめらかな口当たりで飲みやすいのが特徴です。

最初に飲んでみるのにはいいですよね。試飲でも飲み慣れているのが「マイルドカルディ」ですのできっとお気に入りになる味でしょう。お店でもよくおすすめされている「マイルドコーヒー」です。

<カルディコーヒーファームの看板ブレンド!> 【焙煎珈琲】マイルドカルディ/200g

2.スペシャルブレンド

しっかりとしたコク、苦味と酸味を感じるバランスのとれたブレンドが「スペシャルブレンド」です。コクのある味わいを楽しみたい人におすすめしたいブレンドです。

<しっかりとしたコクのバランスタイプ> 【焙煎珈琲】スペシャルブレンド/200g

3.イタリアンロースト

深煎りで濃厚な苦味を味わいたい人には「イタリアンロースト」がいいでしょう。ブラジル本来の味わいがあり、アイスでも楽しめます。夏のアイスコーヒーの試飲はこれが使われているようですので夏に試してみるのもいいのではないでしょうか。

夏は名前が変わって「アイスブレッド」として売られています。濃厚ですのでアイスコーヒー以外にもカフェラテやエスプレッソ向けでもいい豆です。

<定番のダークロースト> 【焙煎珈琲】イタリアンロースト/200g

4.プレミアムブレンド

ブラジル、コロンビア、グアテマラ産有機栽培コーヒー生豆3つにこだわってブレンドしたものです。それぞれの産地の良さを味わうことができますのでぜひ試してみませんか。

<飲みごたえのある甘さ。有機ブレンド> 【焙煎珈琲】プレミアムブレンド/200g

5.モカブレンド

酸味が人気の「モカ」ですが、「カルディ」のモカは酸味が苦手な人でも美味しく飲める「モカブレンド」となっています。芳醇な香りと滑らかなコクがあります。香りも楽しんでみてはいかがでしょうか。

イエメン産とエチオピア産のコーヒー豆がブレンドされていて2つの「モカ」の香りと味わいの良さが味わえます。

<芳醇な香りと滑らかなコク> 【焙煎珈琲】モカブレンド/200g

6.エチオピアモカ(有機デカフェ)

妊娠中の方など、カフェインの摂取は控えたいけどコーヒーは飲みたいという方におすすめなのが、この有機デカフェのエチオピアモカです。

有機なので体にも優しく、安心して飲むことができます。フルーティーな香りとナッツのような香ばしさが入り交ざった飲みやすいコーヒーで、コーヒービギナーの方にもぜひ試してもらいたい一杯です。

<美味しいカフェインレス見つけました> 【焙煎珈琲】有機 デカフェ エチオピアモカ/200g

7.ハワイコナ

ブレンドでないストレートからは「ハワイコナ」もおすすめです。コーヒー通の人で酸味が好きな人にハワイ島の豆で爽やかで甘酸っぱいのが人気の「コナ」はいかがでしょう。コクがあります。

<躍動的に広がる色彩豊かで鮮やかな酸味> 【焙煎珈琲】ハワイコナ/200g

8.マンデリンフレンチ

また、苦みが好きな人には深煎りのインドネシア原産の「マンデリンフレンチ」もいいでしょう。カフェオレにも向いています。個性的な野性味のある味が自慢です。

<力強くシャープな苦みと深いコク> 【焙煎珈琲】マンデリンフレンチ/200g

9.バードフレンドリー(R)グアテマラ

「カルディ」独自の環境も考えた取り組みで作られた「バードフレンドリー(R)」から「グアテマラ」なども一度飲んでみてはいかがでしょうか。「カルディ」らしい豆が味わえると思います。柑橘系の芳醇な香りも味わうことができます。

<環境と鳥にやさしい。柑橘系の芳醇な味わい> ◆【焙煎珈琲】バードフレンドリー(R) グアテマラ/200g

10.ドイトンコーヒー

タイのコーヒー栽培を支援する「ドイトンコーヒー」も「カルディ」の活動を支援する意味でも飲んでみてほしいコーヒーです。ローストナッツに似た香ばしさとスパイシーなテイストもあるのが特徴となっています。深煎りで苦味もあるのが特徴です。

<おいしいだけではない、大切な理由があります> 【焙煎珈琲】*ドイトンコーヒー/200g

11.ハロウィンブレンド

秋のみの季節限定コーヒーです。カボチャやおばけのイラストがのった限定パッケージも可愛いです。浅煎りで苦みも少なく、キャラメルのような香ばしい余韻が残ります。ハロウィン時期限定の珍しい商品なので、カルディのコーヒーが好きな方へのプレゼントにも喜ばれます。

パンプキンパイと一緒に楽しむのも、ハロウィン気分がより高まるのでおすすめです。

<ハロウィン限定コーヒー> 【焙煎珈琲】*ハロウィンブレンド/200g

ブレンド、ストレート、季節のコーヒーと楽しみ方もいろいろ

「カルディ」のコーヒー豆は、特徴がよくわかりやすく表示されていますのでまずどれかを選んでみると、そこからまた違う味や香りも見つけやすいようになっています。試しながら自分のお好みの豆を見つけてみませんか。

最初は「マイルドカルディ」を選んでみるのもおすすめです。ブレンドにも様々なブレンドがありますのでお好みが見つかるでしょう。そこから個性ある味や香りのストレートを味わってみるのもいいでしょう。

また、「カルディ」の季節のおすすめのコーヒーもぜひ味わってみてください。例えば「オータムブレンド」などでは、秋の夜長にゆっくり味わうことができるように、深煎りで苦味もあるしっかりとしたブレンドになっています。

カフェオレにして飲むのもおすすめなど、季節によってのコーヒーの味わい方もあり季節のおすすめがありますのでそれを飲んでみるのもいいでしょう。同じく秋にはハロウィン限定のブレンドなどもあり飲んでみたくなりますよね。季節感も楽しんで下さい。

美味しくコーヒーを淹れるコツは?

「カルディ」のコーヒーを買ってきたら美味しさも最大限に味わいたいものですよね。家で美味しいコーヒーを淹れるためには挽いたコーヒー豆を買ってから1か月以内に飲むがおすすめです。

豆は密封容器に入れて冷暗所に保存するのがよく、冷凍庫や冷蔵庫での保存は控えて早めに飲むのが美味しく飲むコツです。

ホットコーヒーの美味しい淹れ方は

ホットコーヒーの美味しい淹れ方は、沸騰して1~2分置いたお湯で淹れるのがいいのを知っていましたか。90度程度の温度のお湯がいいようです。沸騰仕立ては少し冷ましてから淹れましょう。

ペーパーフィルターの場合は、まず真ん中に円を描きながら注ぎ、20秒ほど蒸らして淹れるのがコツです。粉が膨らんだら蒸らせていることになりますのでその状態を待ちましょう。

円を描いて注ぐのを繰り返して蒸らしながらコーヒーを淹れるのがコツです。時間をかけてじっくり淹れましょう。

アイスコーヒーを美味しく淹れるには

アイスコーヒーの場合にもホットコーヒーと同じように最初は淹れます。ただし、お湯はホットの半分の量、1杯分ならば1/2杯で大丈夫です。抽出したホットコーヒーを氷で急激に冷やすのがアイスコーヒーを美味しく淹れるコツです。これで香りと味を封じ込めることができます。

アイスコーヒーのコツも覚えて美味しい1杯を淹れてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。「カルディ」のコーヒーは、様々な意味でこだわりのコーヒーであることがわかりましたよね。美味しさにこだわるために産地にもこだわっていますが、そのほかにも地球環境や人についても考え、農園と栽培から出荷までしっかり確認しながら作られています。

そうしたものが「カルディ」のコーヒーとして販売され、あのサービスのコーヒーにもなっています。

「カルディ」の30種類ほどもあるコーヒーの中から酸味と苦味、ライトボディとフルボディ、浅煎りと深煎りなどをしっかり吟味して選んでみませんか。まずは、あのサービスで親しんでいる美味しい「マイルドカルディ」から「カルディ」のコーヒーの魅力を堪能してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

世界のお茶専門店「LUPICIA(ルピシア)」の魅力に迫る!

今回は世界にも出店しているお茶 …