Home / 料理 / グルメ / おすすめの紅茶ブランドを国別に紹介します!

おすすめの紅茶ブランドを国別に紹介します!

美味しいケーキには、香り豊かな紅茶が欠かせませんね。上質な一杯の紅茶が、ほっとひと息つくティータイムをより贅沢な時間に変えてくれます。ティータイム以外にも、朝目覚めの一杯に、そして食事の際の飲み物にと、幅広く飲むことが出来るのも魅力です。カフェインフリーのハーブティーなどは、夜寝る前に飲んでリラックスすることもできるため、多くの方から愛されています。

紅茶には数え切れないほどの種類があり、味や香りもそれぞれに個性があるため、飲むシーンによってフレーバーを変えて楽しむこともできます。飲み方も、暑い日にはアイスティーにしたり、レモンやミルクを入れたりと、好みで自由にアレンジができるところも人気の理由です。

紅茶は17世紀に中国からヨーロッパに広まり、それ以降世界中で飲まれるようになりました。紅茶が日本で飲まれるようになったのは、明治に入ってからです。それまで茶の湯を伝統としてきた日本の文化にも、紅茶はすぐに受け入れられ、次第に一般家庭にも広く普及するようになりました。現在では、日本にも紅茶専門店などが数多く存在し、こだわりの紅茶を嗜む方が増えてきています。

イギリスを始め、世界にはクオリティの高い紅茶を提供する様々な紅茶ブランドがあります。そこで今日は、国別におすすめの紅茶ブランドをご紹介します。

スポンサードリンク

おすすめのイギリス紅茶ブランド4選

世界中で最も多く紅茶を飲む国として知られるイギリスには、紅茶と共にスコーンやケーキなどを一緒に食べるアフタヌーンティーと呼ばれる習慣があります。元々、紅茶もアフタヌーンティーも貴族や上流階級の文化として広まったため、イギリスの紅茶ブランドは、どれも高貴で贅沢な印象があります。紅茶の本場としての確かな自信が感じられる、こだわりのブランドが勢揃いしています。

FORTNUM & MASON (フォートナム・アンド・メイソン)

英国王室御用達の老舗食品ブランドとして、世界的にも名高い高級ブランドです。300年以上イギリスでトップの座に君臨するこのブランドは、取り扱っている商品からも、その歴史と誇りを感じることができます。

FORTNUM & MASONの紅茶は種類が大変豊富で、買いに行く度にどれにしようか迷ってしまうほど、どれも魅力的なものばかりです。紅茶の味にも定評があり、安定した上質なクオリティで、いつでも美味しく飲むことができます。

パッケージも高級感があり、紅茶を飲み切った後に残った缶も、大事にとっておきたくなるような素敵なデザインです。女性へのプレゼントとしても喜ばれます。

WILLIAMSON TEA(ウィリアムソン・ティー)

像のマークがトレードマークの、140年という歴史を持つ老舗高級紅茶ブランドです。ケニアにある自社茶園で、品質にこだわり抜いて栽培された茶葉のみを使用しているため、味にムラがなくいつでも最高品質の紅茶を飲むことが出来ると注目されています。

大きく像の絵が描かれたパッケージも、オリジナリティ溢れるデザインが非常に魅力的で、若い女性の間でも色々な種類を集めたくなると話題になっています。

HARRODS(ハロッズ)

HARRODSは、イギリスで最も名の知れた老舗高級百貨店です。180年以上の歴史があり、現在では様々な商品を取り扱う大型百貨店へと成長しましたが、創業当時は紅茶を主に扱う小売店でした。創業の原点ともなったHARRODSの紅茶は、魔法のような味と称賛されるほど美味しいと評判で、今でも世界的に人気が高い紅茶ブランドです。

HARRODSの紅茶は味が濃く、バランスの良い渋みやまろやかな酸味が特徴で、ミルクティーなどにしても、紅茶の香りをしっかりと楽しむことが出来ます。数ある銘柄の中でも、イングリッシュ・ブレックファーストは創業当時から受け継がれている独自のブレンドを現在でも使用しており、日本でも紅茶好きの方から非常に愛されている人気のフレーバーです。

WHITTARD OF CHELSEA(ウィッタード・オブ・チェルシー)

こちらも130年の歴史を持つイギリスの老舗紅茶ブランドです。定番からフレーバーティーまで幅広く取り扱っており、今まで飲んだことのないフレーバーに出会うことができます。

カップやティーポットのデザインが可愛いことでも有名で、美味しい紅茶とおしゃれなカップがセットになったギフトセットは、贈り物に人気です。FORTNUM & MASONなどと比べると値段もお手頃なので、毎日紅茶を飲む方やお土産などにもおすすめのブランドです。

おすすめの日本紅茶ブランド2選

イギリスに比べると歴史は浅くなりますが、日本にも美味しい紅茶を扱うブランドが数多く存在します。品質にこだわり、日本人の口に合う紅茶をブレンドしているため、紅茶ビギナーの方でも飲みやすいものが多いのが特徴です。

LUPICIA(ルピシア)

紅茶だけでなく、日本茶や中国茶も幅広く取り扱っている日本の紅茶ブランドです。オリジナルのレシピでブレンドされたLUPICIAのフレーバーティーは、一度飲むと病みつきになる美味しさで、リピーターも多く存在します。

紅茶を淹れる時のお湯の温度などにもこだわって、一番美味しい状態で飲みたいという気分にさせてくれる、丁寧に味わいたい特別な紅茶が揃っています。

日東紅茶

1927年に創業された日本初の紅茶ブランドです。当時紅茶は、庶民の手には届かない高級な飲み物だったため、一人でも多くの人に紅茶を飲んでもらいたいという理念の元、一般の人でも購入しやすい手頃な価格で紅茶を提供しました。

現在では、庶民の味として最も広く愛される日本の紅茶ブランドとして定評があります。スーパーなどでも購入でき、価格も低価格なため、気軽に飲めるところが人気です。最近ではノンカフェインのハーブティーなど種類も増えており、昔からの変わらない美味しさを提供し続けています。

おすすめのフランス紅茶ブランド3選

フランスではコーヒーの方が主流なイメージがありますが、実は紅茶も負けてはいません。紅茶を毎日のように頻繁に飲むイギリスとは対照的に、フランスでは紅茶は香りを楽しむ嗜好品として飲まれることが多く、様々な香りを楽しめるフレーバーティーが特に人気を集めています。

そのため、フランスの紅茶ブランドはフレーバーティーに力を入れているブランドが多く、芳醇な香りの紅茶が数多く揃えられています。

KUSMI TEA(クスミティー)

ロシアの茶商パヴェル・クスミチョフ氏が、ロシア革命後にフランスで広めた紅茶ブランドです。クスミチョフ氏の紅茶はロシアでも大変評判が良く、ロシアの皇帝の御用達であったほどでした。香りを楽しむことを目的に特別にブレンドされたKUSMI TEAは、フレグランスをこよなく愛するフランス人の好みにぴったりで、あっという間にフランスで愛される紅茶ブランドの代表になりました。

創業150年を迎えた現在でも、KUSMI TEAは世界中で愛される紅茶ブランドとして、たくさんの人に愛飲されています。KUSMI TEAのパッケージは、鮮やかなビタミンカラーの容器で、とてもスタイリッシュなデザインです。たくさん集めて、キッチンのインテリアとして飾りたくなるほどおしゃれなため、若い世代の方にも注目されています。

MARIAGE FRERES(マリアージュ・フレール)

日本でも有名な、フランスの老舗高級紅茶ブランドです。元々マリアージュ家の兄弟が1600年代に貿易の会社を設立したのが先駆けになっています。その後この会社を受け継いだマリアージュ家の子孫が、1854年に紅茶を輸入する会社「マリアージュ・フレール社」をパリに創業したのがブランドの始まりです。

世界35か国の茶葉を使用し、500種類以上の銘柄があるため、紅茶ビギナーの方でも、ここに行けばお気に入りのフレーバーが必ず見つかります。紅茶に合うお菓子や、ティーポット、カップなども販売されており、優雅なティータイムをさらに贅沢な時間にしてくれるグッズとして、紅茶好きな方の間で話題になっています。

FAUCHON(フォション)

1886年にパリで創業して以来、世界中の美食家から絶大な人気を誇る高級食料品店がFAUCHONです。ジャムや洋菓子など様々な定番商品がありますが、中でも一番人気が高いのが紅茶です。

FAUCHONの紅茶は、厳しい品質基準をパスしたものだけが店頭に並ぶため、常に最高品質が保たれています。味と香りのバランスが絶妙で、紅茶ビギナーから紅茶にこだわりがある方まで、幅広く愛されている紅茶ブランドです。中でも、もぎたてのようなフレッシュな林檎の香りが楽しめるアップル・フレバリーティーは、FAUCHONの紅茶を世界的に有名にした、最も有名で人気のある銘柄です。

おすすめのアメリカ紅茶ブランド3選

コーヒー好きな方が非常に多いアメリカでは、フランスと同じように紅茶は趣向品として飲まれることが多いです。甘みのあるフルーティーな紅茶や、体調を崩した時に自然療法の一環として飲まれる、ミントなどのハーブティーが人気です。夏場は、コーヒーやソフトドリンクよりもさっぱりと飲めるアイスティーが多く選ばれています。

イギリスで飲まれるような、酸味の強い紅茶が苦手なアメリカ人の方が多いため、アメリカの紅茶ブランドのものは酸味がきつくなく、ミルクなどを入れなくてもストレートで飲みやすいタイプの紅茶が多い傾向があります。

HARNEY&SONS(ハーニー&サンズ)

ジョン・ハーニー氏によって1983年に創業された紅茶ブランドです。ニューヨークに本店を置き、製品をすべてニューヨークの自社工場で製造するというこだわりで、安心のブランドとして人気を集めています。

HARNEY&SONSは、最初は小さなティー・ハウスとして開業していましたが、ある時ウィリアムズ・ソノマの創業者であるチャック・ウィリアムズ氏の目に留まりました。HARNEY&SONSの紅茶が、当時アメリカですでに人気ブランドであったウィリアムズ・ソノマで取り扱われるようになると、その名は瞬く間に広まり、HARNEY&SONSは人気紅茶ブランドの仲間入りを果たすことになったのです。

現在では、ウィリアムズ・ソノマはもちろんのこと、ウォルドルフ・アストリア・ホテルやフォーシーズンズなど世界的に有名な一流ホテルでも取り扱われるなど、世界中から愛される紅茶ブランドに成長しています。

MIGHTY LEAF(マイティー・リーフ)

MIGHTY LEAFは、健康志向な人が多く住むサンフランシスコで1996年に創業した紅茶ブランドです。オーガニックの茶葉を使用した高品質の紅茶を数多く提供しており、ナチュラルなものにうるさいサンフランシスコの人からも絶大な信頼を得ています。

ティーパウチは一つ一つ職人の手で作られており、フィルター部分はバイオ素材と呼ばれる土に還るタイプの素材を使用しているため、環境にも優しい紅茶になっています。MIGHTY LEAFのハーブティーは、健康に良いだけでなく、味も大変美味しいと評判で、著名人などにもファンが多く、高級ホテルなどでも採用されています。

TEA FORTE(ティーフォルテ)

TEA FORTEは、ニューヨーク近代美術館のアーティスト、ピーター・ヒューイット氏が2003年に手掛けた新しい紅茶ブランドです。アーティストらしい斬新なデザインが随所に散りばめられた、モダンでおしゃれな紅茶やグッズは、世界中で注目を浴びています。

紅茶を淹れるのが楽しくなるようなスタイリッシュな茶器や、品質にこだわったピラミッド型のティーバッグなど、プレゼントとしても人気があります。TEA FORTEの紅茶には、とっておきの時間をより特別にしてくれる工夫が、たくさん仕掛けられており、紅茶をもっと好きにさせてくれます。

まとめ

いかがでしょうか。紅茶を毎日のように飲むイギリスから、香り重視で楽しむフランスまで、国が違うと紅茶の飲み方や好みのタイプがここまで違うというのは驚きですね。歴史ある老舗ブランドの紅茶は、品質も安定しており、プレゼントとしても安心して贈ることができます。とっておきの美味しい紅茶を飲む時は、ぜひ淹れ方や食器にもこだわって、格別なティータイムを楽しんでみてくださいね。コーヒー派の方も、たまには趣向を変えて、上質な紅茶と共に目覚めてみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

種類別!紅茶の美味しい淹れ方

紅茶の美味しい淹れ方は意外と知 …